メープルさん家の子育てブログ

不器用なパパの子育て

遅れながら、謹賀新年です。

新年が始まってはや一ヶ月近く。
今年も宝くじが当たらずにへこんでます。


さて、今年はこなこさんが一歳になる年です。
というか、六ヶ月ごろからできることが色々増えていくので、楽しくなってくる時期ではないでしょうか?
そのはんめん。はいはいが始まって心配ごとが増える時期でもあります。

首が座ったと思ったら、あっという間に重くなっていくこのこさん。
しかし、寝返るつもりがないのか、仕草すら見せてくれず。
最近は手をバタバタしながらこっちを見ていたり、服を脱ごうとしていたり、元気一杯です。

なんだかんだで、個人差があって焦らないようにしましょう!!と。
心配してるわけではなく、準備があるから知っておきたいだけなんだよね。

よだれがたくさんではじめて、食べ物に興味を示し出したら離乳だと言われてますが、このこさんは常によだれまみれです。
早い時期から食べ物興味を示してましたねー

初めて口にしたもの以外食べたくなくなるらしく、メーカーの営業のおかげで婦人科は良い粉ミルクを進めてくれるので、今でも粉ミルクを見ると目を輝かせてますが、10倍粥は確実に戻すとのこと。

男性としては、ミルクだろうが粥だろうが、大変さは変わらないと思ってます。
固形物が始まったごろからが大変ですね。きっと!


そういえば、とあるおじさんが「小さい頃はパパと結婚するの」ってよく言ってたって呟いてましたが。
それだけ面倒を見てたって事だと思いましたね。全ての子がそうだとは思いませんが。
父親とはあまり会話がない私ですが、記憶が残らないような小さいころからの面倒の見方で、大きくなった時の反応は違うのではと思いましたね。
なんだかんだで、自分がやってたことが自分に帰ってくるわけで。
大きくなった時の態度を見れば、自分の教育方針がどうだったのかが分かるのかもしれませんね。


さて、
自我?が芽生えてきたのか、嫌だと怒るようになってきて、表情も増えてきましたね。
早く喋るようになってくれれば良いのにと常に思ってます。